映画『her』:人間的AIの本源的異質性

『her/世界でひとつの彼女』(原題:her)
 2013年公開
 監督: スパイク・ジョーンズ
 音楽: アーケイド・ファイア

<あらすじ>

主人公のセオドア(ホアキン・フェニックス)は、家族や恋人宛の手紙の代筆サービスを提供するオペレーター。青春時代から連れ添った妻キャサリン(ルーニー・マーラ)が去った後も、離婚届にサインする決意ができずに孤独と苦悩の日々を過ごす。

Continue Reading

No more posts.