『水資源の国際経済学——気候・人口問題と水利用のネットワーク化』の出版

本日、拙著『水資源の国際経済学ーー気候・人口問題と水利用のネットワーク化』が公刊されました。

“水”は、今世紀最大の課題の一つです。

 20世紀の人口増加は水資源が豊富な地域で生じたのに対し、
21世紀の人口増加はそうでない地域で生じる

この単純な事実が、“緑の革命”に大幅な見直しを迫るとともに、各地で深刻な森林破壊や食料不足を引き起こす恐れがあります。また、多くの紛争の背後に、実は水をめぐる摩擦があります。

Continue Reading

Over and over…

PHOTO:京都・六角堂のスターバックスにて

研究会や講演のため、今日まで京都に滞在している。

昨日、京都大学での研究成果をまとめた本の原稿を校了した。
ゴールデンウィークには書店に並ぶことになる。

本の中身はおいおい紹介するとして、今日は、本の執筆を通じた考えたことについて、備忘録的に書き記しておきたい。

Continue Reading

地球資源と22世紀に向けた豊かさの形成

過去のシンポジウムを備忘録的に掲載しています。

「地球資源と22世紀に向けた豊かさの形成」

日時:2015年2月14日(土) 開場 12:30~ 13:00~17:10
場所:京都大学時計台百周年記念ホール
主催:京都大学経済研究所先端政策分析研究センター、特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」、先端経済理論の国際的共同研究拠点、京都大学社会科学統合研究教育ユニット、公益財団法人KIER経済研究財団

Continue Reading

政策研究のフロンティア:理論と実証に基づく政策の確立に向けて

過去のシンポジウムを備忘録的に掲載しています。

「政策研究のフロンティア:理論と実証に基づく政策の確立に向けて」

日時:2014年3月8日(土) 開場 12:30~13:00~17:15
場所:京都大学時計台百周年記念ホール
主催:京都大学経済研究所 先端政策分析研究センター(CAPS)、特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」、先端経済理論の国際的共同研究拠点

Continue Reading

キリマンジャロの稲作

泥で固めた質素な水路灌漑による稲作。サボテンとバオバブと蟻塚の乾き切った大地に、突如現れる懐かしい風景。瑞々しい緑と湿った微風に、気持ちがすーっと癒される。

Continue Reading

水と食から考える、地球のこと経済のこと

私の所属する京都大学経済研究所先端政策分析研究センター(CAPS)では、公開セミナー「政策研究の最前線」を開催します。

私自身も、その第5回(2月20日開催)を担当します。私の回では、身近な水や食から出発して、地球の裏側の環境や貧困の問題まで、参加者みんなで対話しながら一緒に考えます。私たちは日々の暮らし方を通じて、子どもたちの未来を決めています。身近なことから何か始めたいと感じている市民の方から、環境に取り組む企業の方まで、参加をお待ちしています。

Continue Reading

社会派映画で語ろう『未来を写した子どもたち』

突然ですが、僕が独断と偏見でよいと思った社会派映画を上映して、みんなでお話しするような機会を設けたいと思います。経済、貧困、飢餓、戦争、環境など、さまざまな社会問題のジャンルを扱います。ドキュメンタリーが中心になると思いますが、それ以外も扱うかもしれません。

Continue Reading

先住民族の祈り

(写真)United Nations Photo

リオ+20(国連持続可能な開発会議)において、現地時間6月21日に、先住民族グループが国連会場でサイドイベントを行った。

実はこれに先立つ17〜19日、並行してリオ市内で開催されたピープルズサミットの会場に世界中の先住民族が集まり、「民族自決と持続可能な発展に関する国際先住民族会議」が開かれた。21日のサイドイベントでは、この会議で採択された宣言文が読み上げられ、国連に手渡された。

Continue Reading

No more posts.