国際文化研究科主催で、12月21日(金)に、東北大学SDGsシンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)の達成とグローバル人材」を開催します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東北大学SDGsシンポジウム
【持続可能な開発目標(SDGs)の達成とグローバル人材】
2018年12月21日(金)13:00〜  仙台国際センター・桜

   http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/2018sdgs
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、グローバル人材の育成
という観点から、日本として、政府として、あるいは大学、地域、企業、
市民として何ができるか、とりわけ、東日本大震災など災害の経験も踏まえ、
世界にどのような発信ができるか。
本シンポジウムでは、産学官地域のそれぞれの立場から議論します。

=========================プログラム=========================

主催者挨拶 大野     英男(東北大学総長)

第一部 基調講演
政府関係者(調整中)
国谷     裕子(キャスター、東京藝術大学理事/慶応義塾大学特任教授)
今村     文彦(東北大学災害科学国際研究所所長・教授)
末吉 竹二郎(国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)特別顧問、
公益財団法人自然エネルギー財団副理事長)

第二部 パネルディスカッション
須藤     勝義(国際協力機構(JICA東北)所長)
渥美         巖(宮城県東松島市長)
辰野 まどか(一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事)
藤井  史朗(MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社
取締役 副社長執行役員 グループCFO)
劉         庭秀(東北大学大学院国際文化研究科教授)

閉会の挨拶 小野      尚之(東北大学大学院国際文化研究科長・教授)

※ 講演者・講演内容・スケジュールは事前の予告なく変更となる場合
がございます。あらかじめご了承ください。

=========================開催概要=========================

日 時:2018年12月21日(金)13:00〜17:30  (開場12:30)
場 所:仙台国際センター・桜
(仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」下車徒歩1分)

 (アクセス)http://www.aobayama.jp/access/

定 員;700名
参加費:無料
主 催:東北大学,  東北大学大学院国際文化研究科
共 催:MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社,
東北大学災害科学国際研究所
後 援:宮城県,  仙台市,  東松島市,  国際協力機構,  河北新報,
MS&ADインターリスク総研

=========================登壇者略歴=========================

国谷 裕子
キャスター、東京藝術大学理事/慶応義塾大学特任教授
米ブラウン大学卒。NHK衛星放送「ワールドニュース」のキャスター
を経て、1993年から2016年までNHK「クローズアップ現代」キャスター。
現在、SDGsの取材・啓発活動を行なっている。自然エネルギー財団理事、
国連食糧農業機関親善大使も務めている。02年菊池寛賞、11年日本記者
クラブ賞受賞。著書に「キャスターという仕事」(岩波新書)。

今村 文彦
東北大学災害科学国際研究所所長・教授
東北大学大学院博士後期課程修了。同大学院工学研究科附属災害制御研究
センター助教授,同教授を経て、2014年より現職。専門は津波工学・自然
災害科学で、津波被害の軽減を目指し、津波予警報システムの開発や太平洋
での防災対策等の研究を数多く実施。津波数値技術移転国際プロジェクト
TIMEの代表。中央防災会議専門調査会委員,東日本大震災復興構想会議
検討部会等。主な受賞は、NHK放送文化賞(平成26年),文部科学大臣表彰
(科学技術振興部門,平成27年)。

末吉 竹二郎
国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)特別顧問、公益財団法人
自然エネルギー財団副理事長
長年の金融界での経験をバックに「金融と地球環境問題」をテーマに、
金融のあり方やCSR経営などについて、講演、講義、著書などで啓もうに努める。

須藤 勝義
国際協力機構(JICA東北)所長
理学修士(水・環境管理)。専門は水と衛生。1987年、現在のJICAの前身
である国際協力事業団に入団。入団後、ブラジル事務所、社会開発協力部等
において、主にアフリカ・中南米に対する協力プログラムを担当。2010年から
2013年まで、地球環境部において全世界の水・衛生分野の協力を総括。
その後モザンビーク事務所長をつとめた後、2017年8月より現職。

渥美 巖
宮城県東松島市長
1966年石巻商業高等学校卒業、矢本町役場入庁、財政課長補佐、総務課長
補佐、議会事務局長、1995年1月依願退職。1995年4月宮城県議会議員
(桃生郡定員3)初当選(47歳)。以来連続当選(6期)。第35代宮城県
議会副議長 2013年12月~2015年11月。2017年4月東松島市長就任。
震災復興の加速・完結と心の復興や企業誘致による働く場所の創造で地方創生
と若人が集うまちづくりを基本スタンスとして、復興のモデル市を目指す。

辰野 まどか
一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事
17歳の海外体験をきっかけに、大学時代に世界100都市以上を訪れ、様々な
グローバル教育を体験。コーチングファーム勤務後、米国にて異文化
マネジメント修士号取得。2012年末にGiFTを設立し、現在は「トビタテ!
留学JAPAN」高校生コース事前事後研修や7カ国を舞台にしたSDGs海外研修等、
中学〜企業を対象としたグローバル・シチズンシップ育成に関する研修、
講演、プロデユース等を行っている。「持続可能な開発のための教育(ESD)
円卓会議」委員, 東洋大学食環境科学研究科客員教授。

藤井 史朗
MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社取締役
副社長執行役員 グループCFO
1979年4月大正海上火災保険株式会社(現三井住友海上火災保険株式会社)
入社。経営企画、商品業務、損害サポート、営業、システム・事務等の
業務経験を有する。三井住友海上火災保険株式会社常務執行役員を経て、
2014年MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社取締役
専務執行役員に就任、2016年から現職。グループCFOとして、総合企画部、
広報・IR部、グループ事業支援部、海外生保事業部、IT企画部、
国際管理部、監査部を担当。

劉 庭秀
東北大学大学院国際文化研究科教授
韓国出身。1999年筑波大学大学院社会工学研究科博士課程修了。民間企業
の環境コンサルタントを経て、2000年に東北大学大学院国際文化研究科助教授、
2016年より現職。専門は都市・環境政策学で、廃棄物管理とリサイクル、
資源循環型環境システムに関する研究、特に自動車リサイクルの国際比較研究
を多数実施。2008年に「アジア自動車環境フォーラム(Asian Automotive
Environmental Forum: AAEF」を立ち上げ、2009年より同フォーラム日本事務局
代表。廃棄物資源循環学会東北支部幹事長、韓国資源リサイクリング学会理事。

=========================参加お申込み=========================

以下のシンポジウム公式サイトからお申し込み下さい。

※定員に達し次第、受付を締め切らせて頂きます。

(お問合せ)
シンポジウム事務局
〒604-8141 京都市中京区泉正寺町33日昇ビル5階CSセンター内
TEL: 071-241-9620,  FAX: 075-241-9692

=======================本シンポジウムについて=======================

東北大学大学院国際文化研究科では、持続可能な開発に向けた人材育成や知の
創出に資するため、2019年度より、新たに「グローバルガバナンスと持続可能
な開発プログラム(G2SD)」を開講するとともに、MS&ADインシュアランス
グループホールディングス株式会社より寄付金を受け、寄付講義の開講を予定
しています。本シンポジウムは、これを記念して開催するものです。

グローバル・ガバナンスと持続可能な開発プログラム(G2SD)
G2SDは、東北大学大学院国際文化研究科が提供する新しい学際プログラムです。

グローバルガバナンスと持続可能な開発という相互に連関した人類の共通課題

に立ち向かう能力を、批判的な理論検証と問題解決型の研究を通じて育成します。

G2SD公式ウェブサイト

http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━