『エコロジー経済学ー原理と応用』の出版

ハーマン・E・デイリーとジョシュア・ ファーレイによる『エコロジー経済学ー原理と応用』(原題:Ecological economics: Principles and applications)を、NTT出版様から翻訳出版しました。エコロジー経済学の教科書としては、間違いなく日本初の出版です。

難解な数式などは一切出てきませんので、経済学部のみならず、自然科学系も含め、環境に関連する幅広い専門の研究者や学生さん、そして企業や行政の実務家の皆さんにもお読みいただける内容になっています。

22世紀に向けて、地球システムと人間システムとの関係を考える上でのヒントがちりばめられています。ぜひご覧下さい。

 

 

エコロジー経済学は、地球の生態系と経済システムの関係性を総合的に捉える新しい学問である。ミクロ、マクロ、国際貿易など経済学の幅広い分野を取り扱い、エコロジー経済学の体系的解説を試みた、野心的著作。

目次

第1部 エコロジー経済学へのイントロダクション
第1章 なぜ経済学を学ぶのか?
第2章 根源的ビジョン
第3章 目的、手段、政策

第2部 全てを内包し,維持する生態系──全体
第4章 資源の性質と自然の資源
第5章 非生物資源
第6章 生物資源
第7章 空っぽの世界からいっぱいの世界へ

第3部 ミクロ経済学
第8章 基本市場方程式
第9章 供給と需要
第10章 市場の失敗
第11章 市場の失敗と非生物資源
第12章 市場の失敗と生物資源
第13章 人間の行動と経済学

第 4部 マクロ経済学
第14章 マクロ経済学の概念:GNPと福祉
第15章 貨幣
第16章 分配
第17章 IS‐LMモデル

第5部 国際貿易
第18章 国際貿易
第19章 グローバル化
第20章 金融のグローバル化

第6部 政策
第21章 政策設計の一般原則
第22章 持続可能な規模
第23章 公正な分配
第24章 効率的な配分

著者紹介
【著者】
ハーマン・E・デイリー:メリーランド大学教授。著書に『持続可能な発展の経済学』(みすず書房)がある。

ジョシュア・ファーレイ:バーモント大学教授

【訳者】
佐藤正弘(さとう・まさひろ):京都大学経済研究所准教授。

 

amazon.co.jpページ / NTT出版ページ