先住民族の祈り

(写真)United Nations Photo

リオ+20(国連持続可能な開発会議)において、現地時間6月21日に、先住民族グループが国連会場でサイドイベントを行った。

実はこれに先立つ17〜19日、並行してリオ市内で開催されたピープルズサミットの会場に世界中の先住民族が集まり、「民族自決と持続可能な発展に関する国際先住民族会議」が開かれた。21日のサイドイベントでは、この会議で採択された宣言文が読み上げられ、国連に手渡された。

Continue Reading

東林院と沙羅の花

東林院は、臨済宗妙心寺の塔頭の一つ。
通称「沙羅双樹の寺」と呼ばれ、庭園の沙羅林で知られる。

かつては樹齢300年を超える沙羅の古木が植えられ、花が咲く頃には、開祖である山名豊国を忍んで歌会や句会が催されていた。環境の変化により古木が平成18年に枯死してからは、古木の種子から育てた若木を移植し、十数本の沙羅林として生まれ変わった。

通常は宿坊として以外は非公開だが、毎年この季節に「沙羅の花を愛でる会」として特別公開される。

Continue Reading

夏越大祓〜上賀茂神社〜

大祓(おおはらえ)とは、毎年6月と12月に行われる、半年間の罪・穢を祓い清めて、次の半年を無病息災に過ごせるよう願う神事。6月下旬には、京都の多くの神社で夏越大祓(なごしのおおはらえ)が行われる。

Continue Reading

No more posts.