桜の前の主役

東京からは桜が満開との噂が聞こえてきたが、寒い京都はまだ2分咲きといったところ。

それでも今週末あたりから、京都は秋以来の繁忙期。

哲学の道も、さまざまな国籍の観光客で賑わっていた。

 

少し早い桜の樹の傍で、今日、ひときわ眼をひいていたのが、ミツマタの花だ。

待ちわびたやさしい春の香り。

穏やかな日差しを受けて輝くこの小さな花は、あともう数日すると主役を桜に空け渡す。

 

20120407_2